| ページ移動 |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP  クリック♪ クリック♪ 

ライコネンF1復帰!

正式発表がもう既に1ヶ月くらい前のことなので、何を今更ですが。本当に嬉しかったのでやっぱり書いておかなくちゃ、と。キミ・ライコネン、ロータス・ルノーGPからF1復帰です

おかえり、キミ!
またチームカラーが黒なのがいいよね

昨シーズンオフにも、あちこちのチームと交渉中なんてF1復帰の噂が流れてましたが、今度は本当に帰ってきました。ドイツ好きということで、一応VettelとHeidfeldを応援してましたが、ニックは途中でシート喪失してしまうし、Vettelは一人勝ちだし、何となくのめり込めないまま。でも来季は違いますよ 友人との都合さえ合えば、鈴鹿にも行こうかと思っています。

11/29に発表されたロータス・ルノーGPとの契約は2012年から2年間。これまで各チームとの契約の際にネックになっていた、オフ中のラリー参加などについて一切拘束なしだそうで、良かったねライコネン …と、契約発表後早速、スノーモービルのレースに参加して手首を負傷(軽度で何の問題もない、と言っておりますが)したそうで爆笑。もうもう でもそんなキミが好きなんだ。

チームメイトになるのは、F1シート喪失後、GP2で活躍しながらルノーでテストドライバーを務めていたグロージャンだそうで。資金持込ができるドライバーとしてセナやペトロフを起用してきたのではなかったっけ…? ペトロフに至ってはまだ契約が残っていたようですが

今季のルノーのレースを見ていると、レッドブルやマクラーレン、フェラーリと優勝を争うには厳しそうだし、トラブルも多かったし(燃えさかるニックにはびっくりした…)、チーム総合力で勝てなかったのにニックをばっさり切ったし…と色々不安なチームですが、やっぱり楽しみにしてます。タイヤも違うし、DRSとかKERS(はあったっけ…?)の導入など、2年間のブランクが心配ではあるけれど。どうか怪我なく、いいマシンでいい走りを見せてくれますように。

こんなにF1が楽しみなシーズン、久しぶりだよ~
スポンサーサイト
F1 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

2010 F1 GP 開幕

今日はいよいよF1 バーレーングランプリの決勝です。サッカーにかまけてる間に。そのサッカーもろくについてけてないワリに。時が経つのは早いもんだ。

あちこち撤退したのもあって、2009年シーズンとはだいぶ顔ぶれがかわってますんで、ここで一度今年のメンツをおさらいしておきます。

今年の顔ぶれ

◇マクラーレン
1. ジェンソン バトン
2. ルイス ハミルトン

◇メルセデス
3. ミハエル シューマッハ
4. ニコ ロズベルグ

◇レッドブル
5. セバスチャン ベッテル
6. マーク ウェバー

◇フェラーリ
7. フェリペ マッサ
8. フェルナンド アロンソ

◇ウィリアムズ
9. ルーベンス バリチェロ
10. ニコ ヒュルケンベルグ

◇ルノー
11. ロバート クビサ
12. ヴィタリー ペトロフ

◇フォースインディア
14. エイドリアン スーティル
15. ビタントニオ リウッツィ

◇トロロッソ
16. セバスチャン ブエミ
17. ヘイキ コバライネン

◇ロータス
18. ヤルノ トゥルーリ
19. ヘイキ コバライネン

◇ヒスパニアレーシング
20. カルン チャンドック
21. ブルーノ セナ

◇ザウバー
22. ペドロ デ ラ ロサ
23. 小林 可夢偉

◇ヴァージン レーシング
24. ティモ グロック
25. ルーカス ディ グラッシ

各選手の名前はフジテレビのF1ページの表記に従っています。未だにVettelがフェッテルかヴェッテルかわからんし、同じドイツ人、同じ名前で何故かバラックは「ミヒャエル」で皇帝シュミは「ミハエル」という不思議。それを言うならDiegoがヂエゴと書かれることが多いけど、同じ名前のアルゼンチン代表監督のおっさんは「ディエゴ」っていうのもね。

マクラーレンがチーム・イングランド に、メルセデスがチーム・ドイツ に、フェラーリがチーム・ラテンになっておりますな。今季はキミ(ライコネン)がF1にいないので、Vettel君応援で行く予定です。バトンは…うん、ジェシカを何とかして。他にチームとしてはロータス応援かな。チームカラーだし。<それだけかよ。 マシンの配色的にはメルセデスも好きだけど。今年のセーフティカーに決まったメルセデスの車もかっこいいよね♪ ニコもスキなので、ミハエルさんに潰されないように頑張ってくれたまえよ。

さて、いよいよスタート。ポールポジションはVettelですー。
F1 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

F1 Rd5:スペインGP-いろいろドタバタ

トロ・ロッソ同士~(泣)Werderの勝利が嬉しくて嬉しくて、そっちの記事を書くのに一生懸命ですっかり遅くなっちゃいました F1 も今季は全部レビューを書くぞ!と思っていたはずが、バーレーンGPなんて、あまりの波乱の無さに書くこともなく、すっかりスルーしちゃってるし

結果から言ってしまえば、またブラウンGPのワン・ツーフィニッシュ で、3位がレッド・ブルで。ちょっと違ってたのは、ポール・ポジションにいたバトンバリチェロに抜かれ、一時はバリチェロの優勝 が確定的かな、って状況だったこと。それがピットストップ作戦の変更によってバトンが優勝、またしてもチームオーダー(バトンを先に行かせろよ命令。バリチェロさんはフェラーリ在籍時代に経験済み。)か なんて騒がれていること。3位につけたレッド・ブルのドライバーが、最近元気なフェッテル(相変わらずベッテルとフェッテルが混在。まー、未だにKubicaについてクビサにクビカにクビツァにとゴチャゴチャだったりするし、今後もこのままか…?)じゃなくてウェバーだったこと。

スペインGP表彰台
バトンもF1ドライバーにしちゃ背が高い(181cm)と思ってたけど、
ウェバーもでかいね(184cm)。
表彰台3位なのに2位のルーベンスより上にいるよ。

フェッテルはやっぱ見てて楽しーね 若いよ。アツイよ。今回はマッサに前に出られてしまった上、ピットインのタイミングも2度とも同じで、そこで抜くことはできず、抜きどころの少ないこのサーキットでは、ストレートの遅いレッド・ブルのマシンでKERS搭載のフェラーリをかわすことも無理で

一方、前にいるマッサはハードタイヤ(ハードとソフト、どっちも1回は履かなきゃいけない)のタイムがものすごぉおく遅くて、最後のピットインでハードに替えてからは、どんどん前方のバトン・バリチェロからは離されていく。でもそんなマッサを抜けないフェッテル その間隙を縫って、チームメイトのウェバーがいつの間にか3位に

そして残り3周くらいかな? フェラーリのチーム無線にてマッサに衝撃 の告知が(笑)。「燃料が足りないからセーブして走って」。ええええーっびっくり 燃料足りない? さっきピットインで給油してたのに、足りないのっ ガス欠で止まるリスクを抱えてこのまま走り続ける or この期に及んで給油にピットインする!? 解説にいた川井ちゃん(フジF1解説、かな。最近偉そうだ。)、大興奮<違。 

ぐはあっ、犯罪的にかわいいっての燃料セーブ して走れって事は、まあスピード落としてエコドライブ なわけで、当然スピードは落ちます。でも後ろにはフェッテルがガンガン 迫ってきてるんですよ。フェッテルにもこの情報は届いてるんだろうし、前にも増して元気に攻めてくるんだもん(笑)。マッサは必死にそれを抑えてるんだけど、そうするとより燃料を食うわけで、チーム無線で「燃料食いすぎ」なんて言われて、ついに叫んだのが「What can I do !」。

最もでございます 悲痛な叫び。あまりマッサが好きではない私だって(<軽く言い逃げ)、全力で同情する叫びでしたよ。まだまだ改良中のマシンを、ここまでの順位(この時点で4位)にもってきたのはやっぱりマッサの力量だし、ドライバーたちはコンマ1秒を削るために一生懸命アタックしてるのに。

結局エコドライブするしかないマッサ、フェッテルを先に行かせ・・・あれ、チェッカーフラッグ受けて無くない?と思ったら途中で停まってるしーーーー 気の毒すぎる。本当にあと少しだったし、完走扱いで6位ですが。付き合わされたフェッテル君も残念でしたが、ピットインのタイミングも戦略のうちだから、今回はまー仕方ないですかね? とりあえず、ウェバーと揃ってポイントゲットできたので、チームとしてはまずまずの結果でしょう。

バトンおめでとさんそれにしてもバトンが既に5戦して4勝。正直ここまで強いとは思ってませんでしたよ ずっと好きだったんですけど、あくまでもビジュアルメインで好きだったので。<ごめんなさい。 Hondaにいた間はマシンがマシンだったので、ドライバーとしてはまー正直よくわからなかったし。今シーズンも最初3戦は、マシンの出来の差と、雨 やセイフティカー導入によるラッキーが大きかったのかな、と思ってたんですが、なんだ結構すごいドライバーかもしんないぞ。<今さら言うなよ。

あの、でも、だから、あんまりジェシカに鼻の下伸ばすのヤメテ そんなあなたは見たくない。ぐうぅう。ここまでジェシカの来たグランプリは4戦全部優勝、彼女が日本で仕事してた上海グランプリが2位だったこともあって、ジェシカが来ると勝てる!みたいな話になってるみたいですが…この先、ヨーロッパグランプリ全て付き合うわけにはいかんでしょー。彼女だってお仕事あるんだし。日本からヨーロッパは遠いのだよ。

さて次は一週飛んでモナコ。ブラウンGPがどこまで行けるのか、あのコースでフェッテル君がどんな走りを見せるのか、そろそろ戦うライコネンが見られるのか。欧州サッカーのシーズン終了まで、忙しくって仕方ないです。

F1 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

F1 Rd3:中国GP-また雨

すっかりレビューが遅くなっちゃった。既に始まったバーレーンGPを見ながら書いているくらいなので、今回は簡潔に。

2009上海GPまた雨 でしたよ。スタートからセーフティーカー主導で、正直おもしろくない。サイド・バイ・サイドの戦いになっても、マシン を守りたい方が譲っちゃう感じで、本気のぶつかりあいなんて見られず。

そんな中でVettelの走りは見てて楽しかったです。去年のイタリアGPに続いて、またもや雨の中で優勝 すっかり雨の男。またしてもトップに立って、無理する必要のない場面であえて周回遅れのButtonを抜きにかかるアツさ(笑)。

普段は誰と話しててもニコニコしてて、超絶プライド高そうな他のF1ドライバーたちとはちょっと違う雰囲気をかもし出してるVettel。<実際はどうか知らんけど。 走りは楽しいし、見てて癒されるし

ここまで2連勝だったバトンは3位。今回は中国だし、日本から近いからまた絶対ジェシカ同伴だと思ったらいませんでしたー。ジェシカちゃんはファッション誌『sweet創刊10周年記念イベント"sweet girls fes 2009"のお仕事があった模様。まあ、マレーシア→中国の途中で2人で日本に帰ってきたみたいですけど。あまり浮かれてないで、しっかり走ってね。

優勝はVettel

最終順位はこちら。

    1. セバスチャン・フェテル(レッドブル)
    2. マーク・ウェバー(レッドブル)
    3. ジェンソン・バトン(ブラウンGP)
    4. ルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP)
    5. ヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)
    6. ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
    7. ティモ・グロック(トヨタ)
    8.セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)

    9. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
    10.キミ・ライコネン(フェラーリ)
    ※名前のカタカナ読みはソースの毎日新聞のまま使用

バーレーンGPはVettelと、今度こそRosbergに期待! ライコネンは既に「今年のタイトル争いはもう無理じゃね?」発言をかましてるようですが、執着心なさすぎですよアナタ(笑)。
F1 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

F1 Rd2:マレーシアGP-うーん

土日目一杯遊び回ってヘトヘトの常盤です、こんばんは 録画しておいた生中継(<生中継の意味なし。)のF1マレーシアGP だけはチェックしたものの、日曜当番Werderさんの試合なんて当然見れるわけもなくそのままバタン。で、そういうときに限って、またサックリ大勝 するのよね。もしかして、私が観なきゃ勝てるとか言う? Werderの試合結果については、ハイライトをチェックしてからまた明日以降で。

雨、雨、雨で、マレーシアGPの方。F1ファンの多いヨーロッパでの放送時間を考慮してできるだけ遅い時間にやりたいFIAと、夜間照明にお金をかけたくない主催者側の折衷案で日没前の夕刻開催となったレース。でもマレーシアの夕方なんてスコール が来るのはわかってるわけで。

今回の雨は、ばーっと来て一気に降ってサックリ上がる普通のスコールとは少し違って、本格的に振り出すまでには少し時間がありましたが、やっぱり雨風がひどくなってきたために31周でレースは一旦停止。雷雨 はなかなか治まらず、結局40分くらい待ったのかな? 落雷もあって映像も乱れる その後、やや雲に切れ目も見られましたが、そこから再スタートしても日没ということもあって、結局レースはそこまでで終了に。今年の展開を踏まえて、来年以降はこの時間帯の開催は止めるそうですよ。そりゃ、そーだ。つかやる前からわかってたじゃん。

レース工程の75%を消化できていなかったので、各ドライバーが得られるのは通常のポイントの半分(75%以上だと普通にポイントが入んるだって)。優勝したバトンでも5ポイントのみのゲットです。バトンはスタートでつまづいたし、タイヤ交換も頻繁に入ったし、直前にもピットからギリギリで1位復帰 しただけに、いいトコでレース停止になって助かりましたね。

雨の中でレース再開を待つドライバーたちの様子も様々。バトンはずっとシートに座ったまま。トゥルーリもマシンにべったりでチームスタッフとずっと話し込んでました。中島一貴なんかは気楽なものでマシンを降りて、フェンスによりかかって観客やTVに愛想振りまいてみたり。ピットに戻っていくドライバーもちらほら。タイヤ選択をミスして14位?とかに落ちてたライコネンなんてさっさとマシンごとピットに戻っちゃったし。レース再開になってももう出ないつもりだったんでしょうけど、まだ中止が決まってないうちからレーシングスーツ脱いでピットでアイス食べてるしびっくり キミらしくて笑えたけど。そんなキミがまた好きなんだけど。てかこんなトコにアイス常備してあるのもびっくりだよ。

何話してるんだろう・・。
珍しくちょっと楽しげな表情のライコネン


結局待たされた挙句のレース終了。中途半端なままバトンの優勝が決まったので、表彰式とか盛り上がるのか?と思ってたんですが・・・盛り上がってるね つか、あの、表彰台の上でイチャ こくのは止めてもらえませんかね(<表彰台上のバトン⇔最前列の道端ジェシカさんで投げチュー の飛ばし合い)。ちょっとひいた ジェシカさん、いっぱい仕事抱えてそうなのに大丈夫なんでしょうか。メルボルンからマレーシアまではきっとずっと一緒に行動してるんでしょうし。今後はニコで。バトンが幸せならいいんですけど。いや、でもそんなんだから海外メディアでGP勝利の翌日に「これまでの彼女特集」とか組まれちゃうんですよ 他のドライバーたちはちゃんと走りだったり、チーム事情の記事ばっかりだったのに。

次は中国GP。今度はまともなレースが見られますように。そろそろNicoにも期待。
F1 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

| ページ移動 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。