| ページ移動 |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP  クリック♪ クリック♪ 

第33節 Werder Bremen-Borussia Dortmund:2-0

    1:0 Silvestre (6min)
    2:0 Pizarro (64min)

いい光景~いやったあああああ! 残留決定!!!

前節、降格圏脱出を争うWolfsburg相手にまさかまさかの敗北を喫したおかげで(レビュー書いてないや )、残すところあと2試合だというのに、まだハラハラドキドキだったWerder。優勝争いやCL権争いじゃなくて、降格争いっていうのが何とも切ないじゃないですか とはいえ、とにかくここは絶対に負けられない。前節、Leverkusen(一応Werderの次に応援中)が自ら優勝争いから脱落してガッカリ しましたが、この大事な試合で相手になるのが、念願の優勝を果たしてモチベーションは高くないであろうDortmundなワケで、それだけがポジティブ要素でしょうか…。

この日は優雅にオーケストラなんか聴きに行っており、急いだもののキックオフには間に合わず。中継 繋いだのが15minくらいからだったと思うんだけど、その時点でまさかのSilvestreによるゴールでリード いや、いいんですよ。どうしても勝たなくちゃいけない試合だもん。先制万歳ですよ。…シルさんでも。勝てば何でもいいよ

ハイハイどいて~
メル 「はいはい、どいてどいて~

ちなみに↓がkicker採点なんだけど…シルさん「2.5」だってえええ! まさかの! びっくりの! ゴールも決めたし、守備で貢献する場面もあったし。DFなのに、普通にクリアされるとびっくりしちゃうシルさんクオリティ(笑)。

Wiese (3)
Fritz (4), Mertesacker (3), Pasanen (2), Silvestre (2,5)
Frings (3)
Wesley (4), Bargfrede (4)
Marin (2,5)
Wagner (4,5), Pizarro (2,5)

最後の2節は、ブンデス全ての試合が同時刻開催になることもあって、自分の見てるPC&TV中継もTLもてんやわんやで大忙し というわけで例によってしっかり観れた気はしないんだけど、ドルトムントはやっぱり全力ではない感じだったのかな…? 少なくとも、前半戦で対決した時のような、速くて裏に抜け出す攻撃 バンバン繰り出されて、もう怖い怖い怖いいい ってシーンはそう多くなかったような。多くなかっただけでそれなりにあったのはWerderの仕様です

背中がカッコイイ!リードはしているものの、決定機 を作り出せないまま攻められるシーンが多くなり、逃げ切れるか不安になりつつあった64min、Pizarroがゴール。本当にPizarroは欲しい時に決めてくれるよね 頼もしい。こういうFWがピサ以外にもいてくれればいいんだけど…Almeidaさんを手放さなくてはならなかったのが、やはり悔やまれます

浮かれるスタンドw今季のホーム最終戦、たくさん集まったWerderサポさんは逃げ切れば残留決定 だし、ドルトムントサポーターは優勝決まってうっきうき だし、黄色も緑も一緒になってスタンドでウェーブ 浮かれすぎな感じもしますが、まあいい雰囲気

この勝利で、残り1節を残して何とか1部残留決定。タイトルへの希望が消えた頃から、「降格さえしなければそれでいい」と言ってはいたけど、まさかここまで引っ張られるとは思いもしませんでしたよ 確か今季CL にも出てたハズなんだけどなあ…。Werderって、2桁順位でシーズン終えたことが2回だかなんかしかなくって、しかもその時はカップ戦とか別タイトルを獲ってるらしいですね。<中継解説で言ってた…事実関係未確認だけど~。近年に限ってなのかも? となると、今季のように無冠で2桁順位って、本当に異常な事態だよね まあ、最終順位は次節の結果次第で1桁まで滑り込めるかもしれないけどさっ。

卒業セレモニー(泣)
7年間のWerder生活に終止符

さて、めでたく1部残留 を決めたこの試合ですが、同時にちょっと寂しい試合でもありました。ホーム最終戦とあって、試合前に今季限りでWerderとの契約を終了するPasanenさんJensenさんのお別れセレモニーがあった模様。<間に合ってない。 Jensenさんは何故かベンチ入りもしてなくて残念なんだけど、Pasanenさんはkickerさんも「2」評価の大活躍でkicker選出MoMと自ら華を添えました。

かわいすぎるダニーJr.
ダニエルJr. が可愛すぎるんですけどっっっ

2人とも複数ポジションをこなせる故に、ケガ人の多いWerderではいいように使われてきた気がしますが 私が好きになったWerderにはもう2人がいて、2人がいて当たり前でした。寂しいなあ ただ、Schaafさんとうまく行ってないのでは?な雰囲気のJensenさんも、今季こそ負傷者多くてコンスタントに出てるPasanenさんも、出場機会を安定して得るためには、このままWerderにいるより、他のクラブに移った方が良いんだろう、とは思います。現在ラシンにレンタル中のJensenさん大好きRosiをどうするんだ、という疑問は残りますが。 

熱い抱擁!
じ~んときた1枚。良い時も、悪い時も一緒に頑張ってきた仲間です。

2人の入団当時。
2004年、同時加入の際の1枚。2人とも若いような、変わってないような…(笑)。

2人は同時に加入、同時にWerderを去ることになるんですね。Pasanenさん、Jensenさん、本当に今までありがとう。これからの2人のキャリアがより輝きますように。そしてWerder首脳陣はしっかり補強&育成するように。

ありがとう、パサネンさん
ありがとう、おつかれさま!
スポンサーサイト
ブンデス10/11 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

第31節 FC St. Pauli-Werder Bremen:1-3

第31節 対パウリ戦スタメン    1:0 Bartels (29min)
    1:1 Thorandt (50min)
    1:2 Pizarro (73min)
    1:3 Pizarro (74min)

レビューのアップすっかり遅くなったけど、勝ったあ! 久々の快勝。パウリサポによる副審への暴力行為(サポが投げ入れたコップが副審の首に当たった)制裁のため、一時は無観客試合になるとも言われたこの試合。その後処分が撤回され、無事たくさんのお客さんの前で試合ができました。Werderもアウェイとはいえ、PauliサポとWerderサポは仲良しさん。何にも悪いことしてないし、降格危機を脱するためにギリギリの試合を続けているWerderの試合で、何でよりによって!と思っていただけに、本当にホッ。

わーいわーい
なんて嬉しそうなパサネンさん。

試合は攻撃がなかなか実を結ばず、そうこうしているうちにアッサリPauliに先制される展開 こう着状態なのに後半に入っても選手交代はなく、「大丈夫なんかな~ 」と思っていたらBargfredeがやってくれました。久々のスタメンだっけ? いつもより前の位置でプレーしてたけど、積極的に攻撃に絡んでてましたね。そのBargfredeから、同じく今回いっぱい走っていたMarinちゃんへのクロスがOGを呼び込み同点。

いいね、いいねで、追い付きはしたけどまたドローなのかな、また勝ちきれずに終わるのかな、と思ったらPizarro やっぱり苦しい時のPizarro様。久しぶりのゴール! 快勝もひさびさー セットプレーじゃないゴールがたくさーん! きゃっほいきゃっほい ひさびさだねええ(T▽T)この試合からやっとハントも復活したしね! あんまり存在感は示せなかったけど そして初登場かと思われたStevanovic君は、ピッチサイドで交替待ちしてる間に試合が終了してしまったという(笑)。で、気付けばベンチにいるの、あとはMielitzとArnautovicだけだった…こわっ

で、快勝はしたものの順位はやっぱり11位のまま。失点も多いので、まだ完全に降格圏脱出!とホッとするわけにはいきません。32節、Wolfsburgとの決戦が重要になりますな。ArneさんやDiegoがいる狼さんちだけども、Werderだって負けるわけにはいかないんだあー
ブンデス10/11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

第30節 Werder Bremen-FC Schalke 04:1-1

    1:0 Wagner (59min)
    1:1 Edu (63min)

スタメンは以下↓の通り。( )内はkicker採点。
Wiese (2,5)
Fritz (3), Mertesacker (3), Pasanen (2), Silvestre (4)
Frings (2,5)
Borowski (3), Wesley (4)
Marin (3)
Pizarro (3), Wagner (3)


これは勝たないといけないゲーム・・・っていうか、負けに等しい引き分け むしろ引き分けで終わって良かった、って内容でしたよ。勝ち点1を拾えたのは、いつもの通りヴィーゼのおかげ。頑張っても頑張っても報われないのに、試合後使えないFWコンビ、WagnerArnautovicとちゃんと握手。大人だねぇ

この間よりも、攻め切れてない印象なのはWesleyの調子が悪すぎたからかなあ。集中力に欠けるプレーが多くて、簡単なミス連発。逆に言えばWesleyがいい状態で試合に入れたら、Werderも復調できるような気がするんだけど

Werder唯一の得点はPK。これがまたねぇ・・・。Pizarroがペナルティエリア内で倒されて得たPKをWagnerが蹴って・・・外した ノイアーの弾いたところを自分で蹴り込んで決めたけど、本当に怖くってキックの瞬間は見れなかったよ 何でWagnerなんだろう。昨季と一緒でFringsでいいじゃん。絶対その方が成功率高いのに。今上向きになってるWagnerに決めさせて、伸ばしたい のかもしれないけどさあ。あと誰かいい加減、この子に「サッカーはGK以外、手を使ってプレーしちゃいけない」ってことを教えてあげてくれませんかね。酷すぎ

ふりっちゅ頑張る

フリッツはこの試合もすごく頑張ってたよぉ~。ピリッとしないWesleyが下げられて、何故か交替で入ったのがSchmidt。シュミット君が右SBに入ったので、フリッツがそのまま1枚前に入ったんだと思うんだけど、ドリブルで切り込むわ、左サイドからシュート打つわ、そのシュートがノイアーに止められて一転ピンチになったと思ったら、すぐ右サイド最終ラインでカバーに入ってるわ…もうホントすっごく走って。引き分けに終わった瞬間のガックリと座り込む姿といったら。ああ、もう抱きしめて慰めてあげたいっ。

やられ放題左サイドにしてもうっちーホント邪魔だったわ(笑)。前半で対決した時にはあんまり感じなかったんだけどな。やっぱりその分成長したのかねえ。Bildもkickerも採点2で、あちこちマン・オブ・ザ・マッチやらベスト・イレブンに入ってますし。ノイアーとうっちーさえいなければっ

普段あんまりブンデスとか観ない内田応援クラスタさんたちが、内田がのゴールをアシストした瞬間をTLで「なんであんなに内田がフリーなんだ!」って言ってたんですけどね。だってあそこの楽隊担当者シルベストルさんですもの。当然じゃないの。

3戦連続の引き分けだけれども、上下のチームの星取り状況もあって、未だ順位は11位にとどまり中。ただ、今後の対戦相手が降格争い・優勝争いに絡むところばかりなので、取れる勝ち点は全部拾っておかなくちゃいけなかったのに。あと4試合。いつもなら「もうすぐシーズン終わるなんて寂しい」って言ってるところだけど、今年は不安で不安で仕方ありません
ブンデス10/11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

第29節 Eintracht Frankfurt-Werder Bremen:1-1

    0:1 Halil Altintop (58min)
    1:1 Fenin (83min)

雰囲気にも出てるよね・・・
漂うどんよりムード。

時間経っちゃって、正直どんな感じだったのか覚えてない とにかく勝てなくて残念だったのと、胸板Wieseさんが華麗 に舞っていたことくらいしか・・・。得点もOGだしね

Wiese (1)
Fritz (3), Mertesacker (3), Pasanen (4,5), Silvestre (3,5)
Frings (3)
Wesley (3), Borowski (4,5)
Marin (4)
Avdic, Wagner (3)

また勝てなかったなあ…。前節は同じ引き分けでも、久しぶりにWerderの攻撃満載で、今後の展開に期待ができそうな内容だっただけに、ドローでも割とウキウキ気分 だったんだけど、今回は違う。まだまだ降格争いから抜け出せてないのに、勝ち点を逃した。そして翌日、ラウテルンが勝ったために13位転落 あああああ。

いつまで経っても報われないヒト。 報われないヒト
はあああ 「ごっめーん


次節はCL4強でうっきうっきのシャルケさんとですよん。勝ちたい。勝ちたいよお

噛み付くちびっ子
マ 「ああ~ん? カードだあ?
ヴァ 「きゃっ、ちょっとダメよマリンちゃん!
何故かヴァグナーがおねえ系設定(笑)
ブンデス10/11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

第28節 Werder Bremen-VfB Stuttgart:1-1

    0:1 Hajnal (13min)
    1:1 Frings (34min)

勝てなかった・・・悔しいなあ 勝ち点3みすみす逃した感じ。それでも、この引き分けに私を含め、楽隊サポさんたちがあんまり凹んでないのは、怒涛のWerder攻撃ラッシュが復活したからではないでしょうか。まあ、VfBの守備がアレなのでWerderとしてはやりやすかった、ってのもありますが、Werderが打って、こぼれたところを更にWerderが打って、そのリフレクションをまたWerderが拾って。そうそう、こういうWerderに惚れたんだよ私は ってWerderの色が少しだけ戻ってきた試合でした。

<スタメン> ( )内はkicker採点
Wiese (3)
Fritz (4), Mertesacker (3), Pasanen (4), Silvestre (3)
Frings (2)
Wesley (3,5), Borowski (3)
Marin (3)
Avdic (4), Wagner (4)

見るたびオサーン化していくハルニク・・・
見るたびおっさん化していくHarnikと。
フリッツ
の評価がイマイチなのがどうにも納得いかないんだけど・・・岡崎とHajnalのせいか。右サイドやられまくったし。それでも1対1とかで完璧に抜かれた!って記憶はないんだけど。でもホント、岡崎やらしかった 敵に回すとホント嫌なタイプだよね

でもね、私的にはこの日のフリッツすごく良かったんだけど 何かすっごくキラキラ してて、積極的に攻めてるし、クロスの精度も良かったし。男前度がハンパなくって、ついついTL上でAZUさんとフリッツ争奪戦を繰り広げちゃったもんね そしらたいつの間にか大多数のブンデスクラスタさんが参加してフリンクサー争奪戦が繰り広げられてた ・・・だってみんなかっこいいんだもの、仕方ないよね

いつも以上にイケメンでしゅ
無駄にイケメンなフリッツ。はぁはぁ(´д`)

Fringsのゴールは本当にカッコよかった。さすがフリ!って感じの速くてパワフルなゴールでした。Wagnerは確かに調子は良さそうなんだけど、2度ものハンドゴール しかも結構悪質だし、あれはWerderサポの私でもカード出していいんじゃないかと思うよ。最近「まさかのWagner」なんて言われていたけど、「やっぱりなWagner」だったこの試合。ウェズレイは楽しそうにやってたな~。ただとにかくUlreichが当たりまくっててねー。彼がいなきゃ、勝ち越してただろうし、もうちょっとスコアに差が付いたと思われます。ちっ。

惚れ直した

プーがシーズンアウト (←ごめんなさい、続報追ってません)ってことで、穴だらけの守備に更に穴が開いております。一体どういう布陣で来るんだろう、どう並べたって怖いことには変わりないけどね って思ってたけど、そんなに決定的な形に持ち込まれるシーンがなかったので、そんなにはボロが出なかったかな。シルさんが怖いのはデフォルトだけどね

www
ウルライヒを襲っているようにしか見えないWagner

勝ってればちょっと一息つけたかもしれないけど、勝ち点1しか取れなかったからまだまだ。とはいえ、前節終了時点と変わらない12位なんだけどね。入れ替え位置にいるWolfsburgとの差は勝ち点5。まだまだ厳しいなあ・・・。そして狼さんも降格しないで欲しいのよ。
ブンデス10/11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

| ページ移動 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。