| ページ移動 |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP  クリック♪ クリック♪ 

Chelsea - Aston Villa:4-4

    0:1 Maloney (14min)
    0:2 Maloney (44min)
    1:2 Shevchenko (PK) (45min)
    2:2 Shevchenko (50min)
    3:2 Alex (66min)
    3:3 Laursen (72min)
    4:3 Ballack (FK) (88fmin)
    4:4 Barry (PK) (90min)

バラック復帰弾!ボクシングデーということで、プレミアのみなさまはクリスマス間も働きづめです。さて、この試合、ついにバラック兄さんが登場しました!!!

とはいっても、ケガ人続出のチェルシーでスタメン出場のランパードが足を痛めたという緊急事態にその交代要員としての途中出場だったので、もしランパードの怪我がなければ、出場の機会はなかったかも…。

やっちゃったよ…出だしはチェルシー自体、なんだかぼ~っとしたゲームをしていて調子サイアク。アウェイのアストンヴィラに先制点を奪われて、さらにはGKツェフのキャッチミスで2点目を取られ、いや~な雰囲気ムンムン。我らがバラックしゃんはもーまさにチームに「フィットしてません!!」って文字が画面からにじみ出て(泣)るかのような状態で、一人ぽつねんと上がったり下がったり。カバーもパスへの反応も味方とかぶりまくってるし、たまに回ってきたパスはサイドにはたくか、後ろに戻すかのみでほとんど前を向いてのプレーがなくて見てて切なくなってきました(T_T)

と思っていたらば終了間際、そのバラックがこの日初めて?なゴールゲットエリアで倒されPKをゲット。倒してしまったアストン・ヴィラのナイトは一発レッドで退場です。これはちょっと…故意に足に行ったわけではないので、PKはともかくレッドはないんじゃ?

もらったPK、ここらでゴールがそれこそノドから手が出るほど欲しいであろうバラック兄さんが蹴るかと思いきや、こちらもゴールに飢える英雄シェフチェンコにおねだりされ(笑)譲ってあげました。シェフチェンコがこれをしっかり決めて1-2。後半にも流れの中から2点目を決めて、さすがの活躍を見せてくれました。これで周囲も少し落ち着いてくれるといいデスねぇ。

バラックも悪いながらも何度かミドルシュートを放ち、ちょっと気持ちが前向きになってきた様子(^^)=3 後半43分にはペナルティエリアに近いところでもらったFKを、低い弾道で直接ゴール右隅に!! うわ、これかっこいい~! これまでのバラックのプレーぶりからは考えられないようなシュート(めちゃ失礼)で、久々に見るバラック兄さんのスターぶりにちょっとホッとしました。

結局は両チーム合わせて3人の負傷者を出す荒れ模様の試合となり(でも本当にレッドに値するのはリカルド・カルヴァーリョのタックルだけだと思う。この審判キライだわ。)、4-4のドローで終了。主力選手を何人も欠いたチェルシーにとって、この結果は「良」なのか「可」なのか。

バラックはまだまだチームには馴染んでませんが、それでも結果だけ見るとそれなりに機能してるようには見えますね。これで調子をつかんでくれるといいですが。「買い物失敗!」のレッテルを早く剥がして欲しいものです。

スポンサーサイト
プレミアリーグ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

Liverpool - Portsmouth:4-1

    1:0 Benayoun (13min)
    2:0 Distin (OG) (16min)
    2:1 Mwaruwari (57min)
    3:1 Torres (67min)
    4:1 Torres (85min)

フェルナンド・トーレス 2ゴールブンデスがお休みに入ったので、その間はプレミアリーグで楽しませていただきますよ。ってプレミアのみなさんはクリスマスもお正月もなしで働きづめですネ・・・。お疲れ様です。

ブンデスと試合の時間帯がちょっとかぶっちゃうのと、何故かリヴァプールはJ Sports Plus(ウチで加入しているケーブルテレビではJ Sport 1 & 2は基本料金だけで観られる。JスポPlusは別料金のためモチロン加入していない)での放送が多いので、ハイライト映像じゃないトーレス君@イングランドを見るのは正直初めてかも~。

選手採点を探していて数字の高さにビックリ。いやいや、ブンデスに慣れて忘れてたけどドイツの採点方式の方が珍しいんだった(^^; ブンデスが1-6点の範囲で、数字が少なければ少ないほど評価が高いのに対して、プレミアだと1-10点の範囲でこちらは点数が高いほど高評価、と。確か日本もこっちの方式ですよね? 一般紙とかでは見ないけど。

はい、採点こちら~。えっと英国紙Timesの採点デス。

Liverpool
Reina (6), Arbeloa (6), Hyypia (7), Carragher (7), Riise (6), Benayoun (6) (Babel 64min), Gerrard (7), Mascherano (8), Kewell (7) (Aurelio 76min), Torres (9) (Lucas 86min), Kuyt (6)

Portsmouth
James (6), Johnson (6) (Lauren ht, 5), Campbell (5), Distin (6), Hreidarsson (6), Muntari (6) (Taylor 73min), Mendes (5), Diop (5), Kranjcar (4), Utaka (4), Mwaruwari (7)

うわっ、トーレス君9点! 観てて「いいじゃん!」と思ってたKewell(キューウェルとキーウェル、表記に悩む人がまた…)が意外に7点。まあまだ復帰明けで調子は完全じゃなかったようなので、これでも十分「がんばったで賞」なのかな。これで調子ノリノリになったらどこまで行けるのさ~っ。

細かくパスを繋ぐ速いサッカーで、観てて楽しい試合でした(リヴァプール応援側としては)。そこにパス通すか! そこで行くか! そっち使うか! と、意外なアイデアが次から次に出てきて、一人テレビ(やっぱ映像キレイでいいや~ね~)の前で男らしい(爆)「うおおっ!」を連発しておりました。それにしてもトーレス君てば、スルスルと面白いように抜けてくなぁ。でも髪型は前の短い方が好きだぞっと。プレミア行って洒落っ気付いてきちゃったのがちょっと残念←コラ。

プレミアリーグ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

| ページ移動 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。