| ページ移動 |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP  クリック♪ クリック♪ 

梅酒:万上にごり梅酒 梅かすが

梅かすが各国サッカーリーグもシーズン終了して、若干燃え尽きた感じがしてるこの週末 久々に梅酒のレビューでもしてみますか。

こちらの梅酒は500mlのボトルでお値段が1,000円前後。いつも飲んでる梅酒よりも、ちょっとだけ贅沢な感じです。

にごり梅酒というだけあって、本当に濁ってます(当たり前)。梅そのものの色。グラスに注ぐと、ちょっとトロトロとしてるかな? 甘めの味を想像して飲んだのですが、これが違いました! 梅の自然な酸味がしっかりと残っていて、甘みもあるんだけどくどくない。本当に「」が活きてる梅酒です。

ロックで飲むとちょっと濃いので、控えめな量のお水で水割りがいいかな? デザートリキュールでも、お食事のドリンクとしてもOKだと思います。でも、大量に飲むものではないですね。冷凍庫でシャーベット状にして、フローズンリキュールにするのもいいかも

かなり好みの味だったので、こちらはまたリピート決定です

スポンサーサイト
リキュール | comments:2 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

梅酒:鴬宿梅スペシャル

前に梅酒本(ビックリだけどそんなのがあるんですよ)で、高評価を受けていた(ような気がする)梅酒、鴬宿梅(おうしゅくばい)。これは何がスペシャルなのかわかんないけど、スペシャルらしいです(笑)。

ちょっと笑えるのが、写真にリンクを貼った楽天ショップのコピー。『当店実店舗に、この梅酒でないとダメと言われるお客様が何人かおられる梅酒』。何人かだけかいっ!と突っ込みたくなるのは私だけではないハズ。

さて、肝心のお味の方ですが、アルコール度数はまあ普通に14%。ロックで行きます。まずは香り。おお、ふんわりやわらかい梅の香りが立ち昇ってきます。特に謳ってはないけど、この香りポイント高し。割と甘みは強いかな。甘みだけでなく全体的に濃いめでトロっとした感じです。濃いんだけど、アルコールのキツさは感じなくてどこまでもまろやか。

焼酎ベースの梅酒なんかだとアルコール側の主張が強すぎてあまり好きじゃない(焼酎自体は大好き)んですが、これはブランデーベースで漬けたウチのママン(笑)の味に近いです。いくら色々飲んでみても、母の梅酒が一番なんですけど。これがね~、たまに漬けたまま何年も忘れ去られてる梅酒が模様替えやら大掃除やらで奇跡的に発見されることがあるんですが(どんな家だよ)、そーゆーのがたまらなくウマいんですよ。梅酒飲みの母+姉妹で梅酒争奪戦の始まりです(^▽^;) 母上、また来年もよろしくね~。←自分で漬けるという発想はナイ(ドキッパリ)。

リキュール | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

福光屋 風よ水よ人よ(ゆず冷酒)

梅酒が好きで、色んな銘柄のモノを買って飲み比べるのが趣味のひとつとなってますが(汚れだわ…)、最近新たに気になっているのが梅酒コーナーの横で勢力を拡大してきた『ゆず酒』です。その種類もゆずの焼酎からスピリッツ、日本酒、カクテル、ワインまで色々。今回は180mlという手ごろなサイズと、"スパークリング"というところに惹かれてこちらに挑戦しました。

日本酒をベースに柚子果汁を加えたカクテル。同じシリーズにうめ冷酒もあるそうですよ。飲み口は結構ドライ。「ゆず小町」とか「柚子サワー」みたいな甘さを期待して飲むとビックリします。でもこれなら、食事中に飲むのにもいいかな。淡白な和食なんかでも料理の味を邪魔しないんじゃないでしょうか。スパークリングも微発泡でいい感じ。でも割と「日本酒」テイストなので、日本酒がダメな人には厳しいかも。日本酒入門編、もしくは「今日はちょっと軽めに…」という時用かな。ちなみにアルコール度は7%です。

リキュール | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

| ページ移動 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。