スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP  クリック♪ クリック♪ 

第33節 Werder Bremen-Hertha BSC:2-0

    1:0 Hunt (48min)
    2:0 Hunt (90+1min)

スタメンはこちら↓ ※( )内はkicker採点

Wolf (3) - Fritz (2.5), Prödl (2), Caldirola (4), Garcia (3) - Bargfrede (3) - Gebre Selassie (3), Junuzovic (3.5) - Hunt (2) - Elia (4), di Santo (3.5)

Makiadi ⇔ Junuzovic, F. Kroos ⇔ di Santo, Petersen ⇔ Elia

13/14シーズン、ホーム最終戦となったこの試合。来シーズンで使用される新ユニフォーム のお披露目、Werderレジェンドたちの登場、そして今季限りでチームを去る選手たちの壮行式がありました。

レジェンド集合

うん、正直試合内容なんてさっぱり覚えてない 1-0で迎えた後半、攻められまくって何度も危ない場面を迎えて。逆にチャンスは決めきれないまま、どうかこのまま逃げ切ってくれ!と早く時間が経つよう祈っていたら、まさかの追加点 どちらも今季限りでチームを去るHuntから、地元ファンへの素晴らしい贈り物 前節Bayernに散々やられた後だったので心配だったけど、良い試合になりました。



14/15シーズンユニフォーム新ユニフォームは、まあ特別気に入ったわけではないけれど、これまでのデザインや同じスポンサー提供のものと見比べてみれば全然許容範囲内、むしろまともな方なので問題ない N○KEのロゴがオレンジで目立って邪魔だな、本当オレンジいらない…って思うくらい(笑)。しかしその来季のユニに、いなくなるはずのHuntが袖を通してるって言うのが何とも言えない(´・ω・`)

かつてWerderがマイスターシャーレとDFBカップ両方を獲得して10年が経った、ということで試合前にはレジェンド大集合でした。私は06/07からWerderを追いかけだしたので、残念ながら当時のことは知らないしメンバーもBorowskiBaumannさんくらいしか知りませんが。(辛うじてAíltonさんはわかる!) 夜にはKlasnićFringsWieseなども駆けつけてパーティーが行われたようです。…って、そんなの祝ってないで早く新しいタイトル獲って下さい こういうの、タイトル獲って当たり前の強豪チームではないんだろうと思うと虚しい…うん、楽しそうなのはいいんだけどさ。

レジェンドたちの見守る中で行われたファラウェルイベントは、HuntMielitzIgnjovskiCimo RöckerにAleksandarとPredragのStevanovic兄弟という総勢6人のお見送り。これ、全員がフリートランスファーでの流出なんだよなあ。最近フリーでの移籍多過ぎ。フロントはもうちょっと頑張ってもらわないと。CLもELも遠ざかって収入少ないんだから。



クラブの財政面 はさておき、心情的な面で言えば…つらいの一言。つらいけど、皆どうか新天地で活躍して欲しい。Huntは以前から海外移籍を希望していたし、MielitzはすっかりWolfにポジションを奪われているし、Ignjovskiもコンスタントに試合に出てるとは言い難い。Stevanovic兄弟はとにかく怪我 が多くて、まともにポジション争いには絡めなかったなあ。

Röcker君は初めて訪れたBremenで、たまたま観たU-19の試合(Fringsを探すってのがメインの目的だった )で強く印象に残った選手でした Marinを彷彿とさせる気の強さとプレースタイルですごく期待してたんだけど…。割とすぐトップに上がって来て、何度か試合にも出たけどスタメン定着とはいかず、U-23とベンチを行ったり来たりだったなあ。

6人の中で1番在籍年数も長く、レジェンドたちとも同時期にプレーしていたHuntが皆にヨシヨシ されてたのが大変かわいかったです。今でこそたくましくなって副キャプテンなんてやってるHuntだけど、彼らにしてみれば弟みたいなものだろうし。熱くて、熱過ぎて周囲と衝突することも多かったHuntが今やWerderの中心選手なんだよなあ(しみじみ)。一時期鼠蹊部の痛みがひどくて走れもしなかったんだよね。引退も考えていたらしくて、もうHuntはプレーしているだけで尊いと思ってる どうか満足の行く移籍先に恵まれて、そこでまた目一杯サッカーを楽しめますように。今まで本当にありがとう

かつての細いハント
細かったんだよー。

こんなこともあった…
こんなこともあった(笑)。Huntの椅子はWiese。


あと1試合。旅立つ選手も、見送る選手も、みんな悔いのないプレーができますように。できれば勝って!…と言いたいところだけど相手がLeverkusenなのでちょっと複雑(←全然観れてないけど、ブンデスでは楽隊の次に好き)。


Wiese移籍後はMielitzのものだった勝利後のゴール裏席。
今回はHuntも一緒に。



スポンサーサイト
ブンデス13/14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

第31節 Werder Bremen-1899 Hoffenheim:3-1

    0:1 Volland (3min)
    1:1 Bargfrede (18min)
    2:1 Garcia (78min)
    3:1 Petersen (90+2min)

スタメンはこちら↓ ※( )内はkicker採点

Wolf (2) - Fritz (3.5), Prödl (2.5), Caldirola (4), Garcia (3) - Bargfrede (2) - Gebre Selassie (4), Makiadi (4) - Hunt (4) - Elia (3.5), di Santo (4)

Ignjovski ⇔ Fritz, Lukimya ⇔ Elia, Hunt ⇔ Petersen

ちょっと間が開いちゃいましたが………。

勝ったーーーーー!!!!


もうこれぞWerder!!ってゲームでしたね 絶え間ない攻撃…って意味じゃなく、劇場って意味で

開始早々のシュートに期待したのも束の間、あっという間に先制点を許してああ、いつものWerderか、なんて思ってたらやってくれましたBargfrade

出てきたばかりの頃は若いのに図太いプレーをする印象で、Fringsがいなくなってからは楽隊の中盤を担う選手になるだろうと思ってた彼。それが何となく伸び悩みというか、思いきりの良いプレーよりも不要なラフプレーが目につくようになって。もうこれは他の選手に期待するしかないのか、と最近はスタメンに名前が無くても驚かなかったんですが、やっぱり彼の持ち味はこれですよ、ミドルレンジからの弾丸シュート! 

気持ちよくネットに突き刺さったゴール に刺激されたのか、久しぶりにFritzもミドルから打ってたし。これは止められてしまったけど、そういえばWerderは2列目からの攻撃も多いチームだったんだよなあ。直接決めるか、こぼれたところを押し込むか。最近じゃ前まで持って行けなくて、焦って遠いところからとりあえずで蹴るシュートばっかりだから忘れてたけど。

しかしその功労者であるBargfredeがFritzを負傷退場に追い込む罠 左ひざの靭帯損傷(?)で当初は1-2週間の離脱と予想されていましたが、回復が早く既にトレーニングには復帰している模様です。そして嬉しいことに今年までだった契約を1年延長したとの情報が そろそろ引退の2文字がチラつく年齢だけに、これは本当に嬉しい また1年、怪我なく力を発揮してプレーを楽しんで欲しいものです。…だから頼むよ、Bargfrade?


ガルちゃーん!!


近い近い近い!


2点目はHuntからのボールをGarciaがヘッドで。マークも付いてたはずなんだけど強い。DFが決めちゃうのがまたWerderだし、その直後に自陣内で相手選手を倒してPK献上しちゃうのがWerderテイスト(笑)。あー…やっちゃった、まあこれで決めれてもまだ同点、最悪勝ち点1は取れるけど嫌な流れだよなー、と思ったら。

Woーーーーーーlf!!! PK止めた!!! ばっちり読んでた!!! ヒャッホオオオー

いや、この試合当たってて好セーブ連発してたけど、ここでの失点は覚悟してたのでただただびっくり。スタジアムも大盛り上がりのお祭り騒ぎだけど、そりゃそーだ。大活躍のWolfは今節のkickerベストイレブン に選ばれました。本当はWolfの出番がないくらいの試合運びをしたいところですが(笑)、初選出! おめでとう~~~!!! きっとこれから楽隊不動の守護神となってくれるって信じてる。


ついにお立ち台デビュー! これでこそ楽隊のGK!


Petersenの出場は91min。完全に時間稼ぎの交代枠でしたが入ってすぐにまさかのダメ押しゴール。最近出番が減ってるせいかすごく嬉しそうだし、それを祝福する皆の笑顔も温かいし。いい試合だったー!って叫びたくなる爽快な終わり方でした。


良かったねえ~(T△T)


弾丸ミドル、逆転劇、ゴール直後のスコアラーによるPK献上にビッグセーブ、そしてロスタイムのダメ押しゴール。本当にこれぞ100% Werder!で、試合が終わったのは深夜にも関わらず思わず乾杯 したくなりました。…我慢したけど。

次はとっくにリーグ優勝を決めているBayern Münchenがお相手。昔のように絶対勝て!とは言えない実力差だけど…うん、やっぱり勝ちたい(^ω^)


こういうの見るとホッとする(;ω;)
ブンデス13/14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

第24節 1. FC Nuernberg-Werder Bremen:0-2

    0:1 di Santo (39min)
    0:2 Bargfrede (68min)

スタメンはこちら↓ ※( )内はkicker採点

Wolf(3)-Ignjovski(4), Prödl(2), Lukimya(3), Caldirola(3.5)- Bargfrede(2.5)- Junuzovic(3.5), Obraniak (3.5)- Hunt(2.5)- di Santo(2), Petersen(5)

Makiadi (3) ⇔ Petersen, Gebre Selassie ⇔ Obraniak, Fritz ⇔ Ignjovski

土曜遅番の試合で、翌日予定が入っていたので生中継は諦めました で、翌日久しぶりにWerder TV を繋いで観たんですが…相変わらずひどい紙芝居だな 大事なシーンに限って一時停止するのは何故なんだろう。おかげでHuntが与えられたPKを返上する素晴らしく紳士なシーン、ファウル取ってもらえなくて審判にゴネてると思ってました ごめん、Hunt。

得点シーンはリプレイまで含めて何とか確認できた、というレベルなので全体の流れがさっぱりなんですが連勝ですよ。なんか久々だな~…って思ったら、もしかして2連勝って第2節以来ぶりじゃありませんか こわっ、ちょ、ホントに今のWerder勝ててないんだな

ゴールシーンはどちも綺麗に流れの中から。点の取れない時って本当にセットプレーしかゴールの気配がないので、それだけでも今はチームの調子が上向きに見えますね。Bargfredeのミドルも、決まらない時は本当に決まらないのに

1点目はHuntのシュートのリフレクションをdi Santoが押し込んでのごっつぁんゴールでしたが、決まった瞬間に皆がHuntに向かっていったのが少々心配(^^; いやHunt大好きだし、ほぼHuntのおかげなゴールだし、祝福されるのは嬉しいんですが、皆di Santoも祝ってあげてー。

個人的には久々にFritzが出場できたのも嬉しいゲームでした。ここからどこまで巻き返せるかわかりませんが、残りは全勝するくらいの気持ちで臨んで欲しいです。しばらく変則的な時間の試合が多いので辛いところですが、私もできるだけ頑張ってみる…多分
ブンデス13/14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

第23節 Werder Bremen-Hamburger SV:1-0

    1:0 Junuzovic (19min)

スタメンはこちら↓

Wolf - Ignjovski, Prödl, Lukimya, Garcia - Bargfrede - Junuzovic, Obraniak - Hunt - di Santo ,
Petersen

Gebre Selassie ⇔ di Santo, Makiadi ⇔ Hunt, Elia ⇔ Bargfrede


あはは、何という事でしょう。気付けば今年初めてのブログ更新だったみたいです さすがにサボり過ぎ Werderが2014年初の白星 を勝ち取ったということで出て来てみました。あまり集中できてはないですが、一応観れる限りは試合もチェックしてます。…ブログには出て来てませんが

全然勝てなくて降格の文字もチラチラ視界に入ってきそうなWerderですが、だからこそと言うべきかダービーはしっかり勝ってきますね 前半戦がアウェイで2-0、そして今回の勝利でダービーはダブル勝利 です。通算成績6勝7敗10分(って改めて書いて驚いた…ひどい…)のうち貴重な2勝がHSVから。何というかもう…Werderだなあ、と

140301_te5.jpg

Tshort.jpg公式も浮かれて"100% DERBY SIEGER"のTシャツを作ってしまう始末(笑)。これ、HSVサポに怒られませんか? そう言えば因縁の対決とあってアノ"紙様"も登場しましたね。盛り上がるのはわかるけど、ピッチ内に不要物を投げ込むのはやめましょうよ~。リバプールだってサポが投げ込んだ風船でゴール奪われたりしてるんだし。紙様もHSVサポが投げ込んだゴミじゃなかったですっけ? 何が起こるかわからない、というのもありますがマナーとしてね

140301_st3.jpg

140301_st4.jpgマナーと言えば今回、ゴール裏の発煙筒 がひどかったです。かつてはあまり見なかった気がするのだけど最近多いですよね。そして焚きすぎ。もう火事レベルで試合一時中断するわ、煙でピッチ観辛いわ。Duttも怒りまくってましたが、アレはやっぱりクラブが罰金 払うのかな…お金ないのに

唯一のゴールはこぼれ球を拾ったGarciaがヘッドでHuntに送って、Huntがヒールで入れたパスをJunuzovicが決めてくれました。流れも美しかったし、Huntはヒール結構出すけどちゃんと決まってゴールに繋がったのは初めて見た気がします

140301_ah.jpg

その後は攻勢が続くも決めきれずやっぱりAdlerさんが邪魔だったり、攻めてたハズがあっという間に大ピンチだったり、といつものWerderでしたがそれでも何とか勝ち点3をゲットしました。19minに得点して、ブンデスには珍しい6minというアディショナルタイムが終わるまで、長い道のり。久々に精神力削られたけど、惨敗の試合では味わえない緊張感と思えばまたよし、でしょうか(笑)。

これでここ3節は負けなし。新加入のObraniakも活躍してくれているし、このまま上昇気流に乗って行けるといいなあ。
ブンデス13/14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

13/14シーズン 8月のWerder

皆さん、お久しぶりです。ご無沙汰しております 広告も出ちゃってるし久々な自覚はあったんですが、何とびっくり半年ぶりの更新でした でも私だけが悪いんじゃないんです…勝てないWerderが悪いんです()。どうにも更新意欲の落ちていた昨季後半、勝ったら更新する と宣言してからまさかのシーズン終了まで白星 ゼロ。間にいくつかの引き分けを挟みましたが、残り1試合を待たずしてSchaaf監督解任という大事件。何だかもう呆然としすぎてシーズン総括も何もなく、ただただ潜っておりました。

続くプレシーズンにも相次ぐ主力の流出で気分が復活できないまま 私はそもそもSchaaf監督による攻撃至上主義なWerderを好きになったので、今後応援できるのか?と悩んだりしましたが、とりあえずは今年Fritzの契約最終年なので、それを見届けるまで頑張ってみようと

…というわけで、数シーズン前と比べると確実に愛情 が目減りしておりますが とりあえずはここも細々とでも維持しておこうか、と出てきた次第です。まあ既にシーズン明けて4試合終了してますので、ここまでの結果についてはさらっと書くことにします。

移籍関連情報は締切過ぎて確定してからまとめて記事にする予定です。(って言って去年の情報、まとめてないままなの知ってる

DFB-Pokal 1.Runde

20130819_tm.jpgお相手は3.Ligaのの1. FC Saarbrücken。すいません、全然知らない 前半終了間際に1点入れられ、後半Prödlのゴールで追いついたものの勝ち越すには至らず、結局延長で2点追加されて3-1で敗退。2年連続の初戦敗退となりました

Schaaf監督の後任、Dutt氏の公式戦初戦とあって注目が集まりましたが…はて(゜д。) 新加入の選手が入っていることを除けば、スタメンも布陣もほぼ変わりなく、選手交代もあまりピンと来ない感じ とにかく眠くて仕方のない試合で、長年連れ添って来たSchaafさんを切った意味とはなんだったのか、そればかり考えてしまう試合でした。…本当にもう楽隊の応援辞めようかと思った試合後

Bundesliga 1-3 Spieltag
 1. vs Eintracht Braunschweig:1-01
 2. vs FC Augsburg:1-0
 3. vs Borussia Dortmund:0-1

130810_jn.jpg不安なまま迎えた(それはいつもか?Bundesliga開幕。正直期待してなかったし、試合中も退屈で眠たくて仕方なかったんですがこのままスコアレスドローで終わるかと思われた82minにPrödlJunuzovicのオーストリア ラインで決めてくれました そしてまさかの無失点。続くAugsburg戦も無失点で、オイオイこれは本当にWerder と突っ込みたくなったり。

2戦目の得点はEkiciで、Junuzovicと言い昨季から頑張っている選手がちゃんと結果を残せているのは嬉しいです。ただ、その分マークも厳しくて削られまくっているのでちょっと心配。元々故障の多い選手だし。今季は大きな怪我なくシーズン通して活躍できますように

20130817_te.jpeg

この勢いなら苦手としているDortmundにも勝てる?と期待しましたが、そこまではうまくいかなかったようで(^^; まあ、鬼門のReus君がいるにも関わらず相手に1点しか与えなかった、というのは大きいかも。しかし、この日のBVBは「何か憑いてます?」と突っ込みたくなるくらいに、ゴールが決まらなかった。何度もう駄目だ と思った事か。その全てことごとく外してくれたのに勝てなかったのは残念無念

この堅守&好調ぶりが本物かどうか、試されるのはここからですね。しかし、仮にこのまま好調を維持してWerderが常勝チーム になったとして、それが攻撃至上主義ではなく堅実な守備が売りのチームだったとしたら…その時、私はWerderファンでいるんでしょうか。自分でもわからない
Werder Bremen | comments:0 | trackbacks:0 | TOP  クリック♪ クリック♪ 

| ページ移動 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。